コラム

間食をうまく活用してダイエットを加速させるための方法!

一般的に間食はあまりダイエットには否定的ですよね。ですが、活用の仕方によってはダイエットがさらにはかどることがあります。

間食がダイエットに活用するためにいくつかのポイントで説明していきたいと思います。


Point.1

〇間食で摂取するカロリーをあらかじめ決める


基本的には、ダイエットは脂質制限ダイエットも糖質制限ダイエットもカロリー計算が元にあります。要は摂取カロリーが消費カロリーを下回っていれば体重が増えることはないということです。

バリエーションとして脂質制限や糖質制限があるだけです。間食もまずはカロリーを気を付けましょう。普段の3食を考えつつ間食での摂取カロリーを決めていきましょう。

目安としては、150~200カロリー程度です。ただし、200カロリー以内なら何を食べてもいいとは限りません。どんなダイエットをしているかにもよりますが、脂質制限ダイエットをしているのであればケーキやアイスなどの脂質が高いものは危険です。

糖質制限ダイエットをしているのであればパンやおにぎりなどの糖質が高いものは危険です。これらを除いてもダイエットに効果的な間食類はたくさんあります。といっても、どうしても食べたくなっちゃいますよね。

そこでおすすめ間食!


・おすすめ間食

糖質を気にする方 ブラン系のパン、糖質カットされている商品、チョコレート(食べ過ぎず)

脂質を気にする方 SUNAO(アイス)、オイコス(ヨーグルト)


どちらにもおすすめ  おつまみ系→  (あたりめ、鮭とば、ビーフジャーキー)、サラダチキン

これらは高たんぱくで低脂質低糖質なのでかなりおススメです。


Point.2

摂取するタイミングを考える


時間はとても大事です。もちろん夜はアウトですよね。食べるのであれば、3食の間で時間が空いた時。よく10時と3時のおやつといいますよね。その時間が目安になるかと思います。必ずしもその時間というわけでもないので、3食の時間を踏まえながら間食のタイミングを決めるのがいいですね。


以上の2つが大きなポイントになるかと思います。この2つに気を付けるだけで、間食がダイエットにかなり活用できるようになります。むしろ痩せやすくなります。間食を摂ることで毎食の摂取カロリーが分散されるため、血糖値の上昇が緩やかになります。緩やかになることで、空腹状態になりにくくドカ食いを防いでくれます。


上記の点を踏まえて、ダイエットにバリエーションを持たせて簡単に痩せましょう!